インテリア ことはじめのルール

 

1.≪最初に暮らしありき≫

 

春を目の前に、新しい場所での生活が始まり方も少なくないでしょう。

 

また、居場所はそのままでも、カーテンを春らしいイメージに変えてみたいとか、スッキリさせるために断捨離中なのという方も。。。

 

いずれにしても春という季節は、新しいことを始めたり、日々の暮らしに新しいスパイスを加えたりしたくなる季節。。。こじつけ?(笑)

 

でも、インテリアはファッションのように簡単にとっかえひっかえできるものではありませんいね。
最近はレンタルの家具などもあるようですけど。

 

一度買ったらなかなか買いかえることができないものなのに、家具選びや色合わせをきちんと学ぶ機会はほとんどありません。

 

しこで、インテリア選びをスタートさせる前の基本知識をお伝えします。

 

ー・-・-・-・-・-・-・-

 

「まずは家具やさんへ!」いえいえその前にちょっと落ち着いて、「欲しいものリスト」を作成してみましょう。

 

「欲しいものリスト」を作るメリットは二つあります。

 

一つは、本当に必要な家具を熟考できること。

二つ目は、何にお金をかけるか、本当に必要なものは何なのかを考えるきっかけになることです。

 

モデルルームや雑誌で見かけた家具に憧れてしまったばかりに、自分の暮らしには不要だった家具を買ってしまったという失敗談はよく聞きます。

 

「お化粧は洗面所でする」なら、ドレッサーは必要ないでしょうし、「床で寛ぐ方が楽なので、ソファにもたれかかるだけ」なら、ソファもいらないでしょう。

 

暮らしやすいインテリアを実現するためには、世の中の常識や既成概念にとらわれないで、自分はどんな風に暮らしたいのかを整理し、生活にあった家具選びをすることが大切なのです。

 

つまり、≪最初に暮らしありき≫なんですよね。
主役はもちろん、あなたとご家族。。。ごかぞくお一人毎の暮らしを分析し、ここに時間をかけるほど、生活の質は上がります。

 

私がインテリアコーディネートをさせていただく時にも、ご家族の暮らしの分析には最も時間をかけるところです。

 

次回は家具選びに必要な知識をもう少し詳しくお伝えできればいいなと思います。